ブログトップ | ログイン

子育てスイッチ★

tonerikono.exblog.jp

2006年 06月 16日 ( 1 )

母親の映画鑑賞

娘の居ない間に、
『嫌われ松子の一生』を観に行きました
ホント!私生きててよかった〜〜〜って思いました!
(感想文はこちらから→
六本木ヒルズのTOHOシネマで観たのですが
私・・・六本木ヒルズの前はしょっちゅう通るのですが、実際、足を踏み入れるのは初めての経験!
ドキドキでした!

映画館に到着して、辺りを見回すと、
なんだか、ベビーカーを押しながら、ママやら、パパやらが沢山いてまして、なんだ??なんだ??と思っていると、
『ママズクラブシアター』というシステムがあるらしく
赤ちゃんや、子供と、一緒に映画が楽しめるようになっていて、明かりも、赤ちゃんが怖がらないように、明るいまま、音も小さめにして映画が観れるらしいです、
凄〜〜〜〜〜い!!!!素敵!!!
(きっと、知ってる人は知ってる情報なんですよね〜!私、かなり、遅れているママかも?)

私も、今度利用してみようかな〜〜?             でも、子供、やっぱり、退屈かな〜〜〜?

  一人で観たほうが、ラクチンではあるけどな〜〜

母親である人が、娘の居ない間に映画を観る・・・なんか、罪悪感を感じるな〜

でも!お母さんであっても、カルチャーを感じる事は良い事だと思う!!!けど、なんか、罪悪感感じる・・・・もっと、堂々と、お母さんでも映画が観れる日が来て欲しい、
私が、気づいていないだけで、もしかしたら、もう、そんな日はとっくに来ているのかもしれな
いけれど・・・・

そんなこんな言いながらも・・・・

娘の居ない間に『ブロークンフラワーズ』も観てしまった私(これは旦那さんと観ました)

後ろめたい〜〜と思いながら・・・・

次は、やっぱり『ダビンチコード』がみたいな!と思っていますが、明日娘が四国から帰ってきますので、しばらく無理・・・

一緒に映画が楽しめる日が早く来て欲しい〜。
by tonerikonoki | 2006-06-16 00:54