ブログトップ | ログイン

子育てスイッチ★

tonerikono.exblog.jp

b0082404_055138.jpg

父の弟の具合が悪くなり
山から大阪へ
夜中車で走って 走って
運転は父

病院に行ってお見舞いして
でも、、なかなか帰れない、、
苦しそうだった
命がもうすぐ 無くなる人の前に立ってる気がした、、
後ろ髪引かれながら
帰る事に
車に乗り込んだら
私の携帯ストラップのでっかいボンボリが、、切れた

又 父が夜中ずっと ずっと運転して山に帰って
朝の4時、、、
その数時間後にやきにーちゃんは
亡くなった

人の命は強くもあり
あっけなく終わるもんなんだな、、
やきにーちゃんには
もう、何年も会ってなかった
だけど、、
会えて良かった
やきにーちゃんのお嫁さんは
1人ぼっちになってしまった
でも 魂は生きて きっと見守っている

人が死ぬと、、生きる事を考えさせられる、、
人が死んでるのに、、生きる事を考えてしまう、、
死ぬのも 生きるのも、、
同じなのかもしれない
一生懸命 生きる事は
一生懸命 死ぬ事?
てきとうに生きる事は
てきとうに死ぬ事?
そんな気がした、、

やきにーちゃん ありがとう
会えて良かった
沢山の接点は無かったかもしれない
でも 思い出はちゃんと
私の中にある
私も一生懸命 生きていく。
# by tonerikonoki | 2014-06-14 00:39

ヒソヒソ話

学校の上靴を娘と息子が
洗面所で洗っていた
それは それは 賑やかに洗っている

突然!!!!
シーン
ヒソヒソヒソとヒソヒソ声がしたと思うと
そーと そーと
洗面所の扉が閉まる

私は興味津々
扉に顔をくっつけて
中の様子を聞く
聞こえない、、、
顔がつぶれるくらい
顔を扉に押し付ける
小さい 小さい声で何か言ってる
でも、、結局
聞こえなくて
まぁいっか〜〜
これ以上 ドアに顔を押し付けたら
顔が歪むかドアかつぶれる、、
# by tonerikonoki | 2014-06-07 12:26

おもてなし vs 悪い母の黒い言葉

学校から帰って来た息子の他に
『おじゃましま〜す』
と、、他にも2人やって来た
二つ上の三年生のお姉ちゃんが
『あの〜シンタ君と遊んでいいですか?』と言うので

『いいよ〜』と言うと
『じゃあ シンタ君 オヤツも食べよ!ゲームもしよ!あと〜 シンタ君にどんな おもてなししようかな〜?』って 笑
息子に話してるの 笑
可愛い!!!!

一瞬ゲーム?って思ったけど
ゲームじゃなくて 外で遊んで!って この母親の悪い口から 黒い言葉が出そうになって
私は 心の中で急いでガムテープを自分の口に貼った。

夕方 帰って来た息子に

私『何して遊んでたの?』

息子『ゲーム』

私『(ゲームばかりはダメ お外で遊ぶの!って、、又 母親の悪い口から黒い言葉が出そうになって ガムテープ )へー楽しかった?OOちゃん おもてなし してくれたの?』

息子『うん お菓子くれたよ!』

母親の権力を振りかざし
黒い口から黒い言葉を吐く
それも度々 今日は我慢出来た!

お友達とゲームしたって いいじゃない
せっかくの おもてなし だよ〜って
私の心の中で天使さんが叫んでる!
今日はギリギリセーフの日
今日は良いお母さんになれた日
嬉しい〜!!私!嬉しい〜!
# by tonerikonoki | 2014-06-07 07:37

自分達の世界

1年生息子『ね〜明日 おやすみでしょ 自転車で 学校行きたい!』

私『いいね〜!行こう!行こう!』

1年生息子『、、、うーんと 友達とかと行きたい 子供と行きたい』

お友達との世界が楽しくなってきたんだね〜
こんな日を待ちわびていたような気もする
でもさ〜複雑、、
親って なんなんだろ、、

1日 1日 が大きくなってるね。
いい事
いい事!
# by tonerikonoki | 2014-06-07 07:29

泥棒 部屋

b0082404_2242220.jpg

部屋が異常に散らかっております、、
私『ね〜何で?こんなに部屋が散らかってるわけ〜?』
勿論 かなり、、イライラ イライラ
しているので
それなりの口調で、、

五年娘『ホントにね〜〜〜〜』
と、、肘をつきながら
本を読みながら、、
ゆったりと まるで他人事のように、、
私『はぁ?他人事なわけ〜〜?』
娘『ふーん』
と、本を読み続ける

私もあまりの 他人事振りに
肩の力も抜けちゃって、、
まっ いいかぁ〜
イライラが消えていきました とさ、、
自分の事なのに 他人事のように
『ホントにね〜』
この言葉 使わせて頂きます。

余談 ジージは家に来た時
『どうしたんや 泥棒でもはいったんか?』と 言っていた 汗
私達は泥棒部屋に住んでいる。
# by tonerikonoki | 2014-06-06 21:54

キツネのキッチャン

b0082404_21542845.jpg

昨日は娘と色々 やる事があり
息子は1人で先に寝て貰う事に、、
しばらく 私達の近くでウロウロしていたけど
『早く 寝るよ!』って言ったら
居なくなった
さぁ 寝ましょと思ってベッドへ
息子はキツネのキッチャンと寝ていた
お布団の中で
キッチャンと しっかり 手を握っていた
キッチャン とは仲良し。
# by tonerikonoki | 2014-06-06 21:50

久々の帰宅

仕事で家を空けて
久々に昨日 学校から帰ってきた
息子に会った
玄関でギューって抱きしめて
『しんたん しんたん おかえり〜』ってしつこくしていたら
今までは異常に照れて私の腕を外したり
やめろ!って叫んだりしていたのに
静かに 私に抱きしめられている
そして
『これから あーそーぶってっ』
『だから あーそーぶって』
『あーそーぶって 言ってるでしょ』
と、、犬に言うように私にも言う 笑
小さかった 息子が急に大きく見えてきた
大きくなったら
彼女にもこんなふうに言うのかな〜?
と、、余計な妄想、、
なんだか 男らしく なってきた
小さい 小さい 彼だったのになぁ。
# by tonerikonoki | 2014-06-04 23:26

b0082404_23254483.jpg

小学生になるまで
字なんて 書けなかった
字なんて 読めなかった
自分の名前くらい
入学して二ヶ月
沢山 書けるし
沢山 読めるようになった
自分で本だって 読んでいる
今日は公文の国語のプリント
ももたろう を 張り切って読んでいる
わりとスラスラ読んでいる

学校って凄い場所だ
あんなに 書けない 読めないだった人が
今は字の世界に入って行っている

公文のプリントはあるはずの文章を省いて 書かれているから
『きびだんご 仲間になるならやろうたい』と言うようなセリフが出てこない
あれ?まだかな、、
あれ?まだかな、、?
と 言いながら
あーここには出てこないんだなぁ
と、独り言
助けたお姫様も出てこない
きっと この船の中にいるんだな!
と、ももたろうが財宝を積んで帰る船の絵を指指しながら
夢と希望が膨らむのだ

正しい文章 正しくない文章
そんな事はどちらでもないのだ
と 思いました
本当の事を知っていれば
自分が自分で有れば
どんな 文章を読んだって
夢も思いも広がっていくんだなぁ
彼を見ていて
そんなふうに思った
段々 彼は ドッシリと揺るぎない人になっていく
そんな気がした
大きくなるって凄い事。
# by tonerikonoki | 2014-06-04 23:11

寝る場所

b0082404_22443428.jpg

最近 10歳の娘は私と時々 衝突する
その度に 今日は子供部屋で寝るからって 言う、、
今日は そう言って 子供部屋に行ってしまった
『えー』と不満を漏らす私に
小学1年生の息子が
『いいじゃん 2人になるね 話せるし』と、言いました
ほー〜〜〜
息子は私と話す事 楽しみにしてくれてるのか
私を励ましてくれたのか?
なんだか 息子はまだまだ小さいと思っていたけど、、
こんな時 彼の大きさにハッとしてしまう。
# by tonerikonoki | 2014-06-03 22:38

忘れず納豆!

b0082404_22381468.jpg

納豆 食べたい!と言って冷蔵庫から納豆出してきた
しばらくすると
納豆は完食していたが、、
白いご飯が しっかり残っていた

『ねー しんたん 白いご飯残ってるよ』って言うと
『やっベー かけるの忘れてた!やっベー』と、何回も言うので
『もうひとつ どうぞ』と言うと
二つめの納豆を取りにいき
蓋をあけ クルクルかき混ぜながら
『もう 一個はごはんにかける 納豆をごはんにかける 納豆はごはんに、、忘れないようにしなきゃ』
と、、言いながら しっかり ご飯を納豆にかけて 食べていた 笑
地味に面白かった 笑
普通はそういうの忘れたりするかな、、
まっ いいかぁ〜
この人はそういう人なんです。
# by tonerikonoki | 2014-06-03 22:29