ブログトップ | ログイン

子育てスイッチ★

tonerikono.exblog.jp

<   2010年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

大阪★海遊館

b0082404_0154475.jpg

水族館大好きな娘
じっくり観察★
by tonerikonoki | 2010-02-28 00:13 | お出かけ♥

大阪へ2〜

b0082404_23534146.jpg
地下鉄の連絡通路を必死に歩く私達、、、のはず、、、
また、また、気が付けば隣には誰もいない
いちいち、やっぱり母親なので焦るのです
振り返ると二人、ジャレてる猫みたいに、、、
そこにいてました
いてたから、取りあえず安心したけど、、、
でも、、、、、、
by tonerikonoki | 2010-02-27 23:48 | お出かけ♥

大阪へ〜

b0082404_2347299.jpg
姫路から大阪へ移動
『なんば』で乗り換え地下鉄の連絡通路を移動中
『あれ!?シンがいない!』
娘と大騒ぎして探すと私の視界より低い場所で座って
『うんこしてるの!』と言ったので
うんこ、、、を思う存分してもらった(汗)
こんな賑やかな場所で『うんこ』できるもんなんだ〜〜〜
2才って怖い。
by tonerikonoki | 2010-02-27 23:43 | お出かけ♥

子供の館へ〜

今日は雨、、、
ガックシ!!!
でも、娘に『かかちん!雨なんか平気やわ!』
と土砂降りのなかカッパ来て30分位歩いて『こどものの館』へ遊びに行った
楽しそうな娘
雨振りなのに
『この木みて!』
『あの車!』
『この竹見て!!』
などなど、全く平気
そうだ!この人、期間は短いけどピッコロの子供だった
『雨なんて対した事ないのだ!』
帰りはさすが!関西!???

雨の中2才を抱いて傘さしながら歩く私、
娘はカッパ着て濡れながら土砂降りを行く
そんな3人を見て
『乗せていくよ!どこまで帰るの?』
と子供連れのお母さんが声かけて下さり
お泊まりする『星の子館』まで乗せてくれた

頼んでもないのに、みんな親切
児童館の方達も私がピンチ!の時いつも自然に、当たり前みたいに子供を見ていてくれた
優しい、、、関西
頼んでもないのに
色々な人が困ってる人を自然に助けてくれるのです
いいな〜〜〜関西!
ありがとう。
by tonerikonoki | 2010-02-26 23:55 | お出かけ♥

ドタバタ旅行

b0082404_2340274.jpg

急に旅にでる事に
北海道!
四国!
直島!
沖縄!
石川!
色々、色々行きたいところはあるのだけど
もの凄い急に思い立った『旅』

で、結局、姫路、、、(笑)
もの凄い地味な姫路への『旅』
姫路に着いてお泊まりする場所に向かう為久々にタクシーに乗る
運転手のおっちゃんに
『なんで????姫路に来たの???珍しい人もおるね〜〜〜え!!!???山梨から???えらい遠いとこから何しに来はったの????』
ってもの凄い笑われ、変人的な扱いを受けながらも
そこは関西人
親切丁寧に送り届けてくれて
『気〜つけていきや〜〜〜良い旅を〜!!!』と暖かいお言葉まで頂戴した(笑)

なぜ?姫路か?
安藤忠雄さん設計した児童館があり、その児童館にお泊まりできるからです!
子供達とアートを見に行きたかった!
大きな建築は立派なアート!
しかも!児童館に泊まれるなんて子供達にとってはパラダイス!
館内にもアートがあり、なかなかよかった。
夜は最大級の望遠鏡で天体観測できるのです!
星大好きの娘には喜んでもらえました。
しかも¥3500でお泊まりできるのです。
『星の子館』

そして、近隣にマタマタ、安藤さんの建築があり遊べてアートを感じれる場所があるのです。
『子供の館』
楽しかったな〜〜〜。
by tonerikonoki | 2010-02-25 23:20 | お出かけ♥

森の幼稚園ピッコロ

〜ともだち〜

『夜ご飯はカレー!』と言う事で『カレー』を作っていると
娘)『ねぇ、もし、K君の家が今日カレーだったらK君さぁ、唇しみて痛くて食べれないね、今日はK君の家カレーじゃないといいねぇ、おかゆとかがいいねぇ、カレーやったらK君、可哀想やは』と言った
始め、何の事を言っているのか???分からなかった??
あ!!!そうか!今日、ピッコロから帰る時,K君は、派手に転んで、唇がタラコみたいに腫上がり、唇から血を沢山出していたんだった!
へ〜〜〜〜!!!娘は家に帰ってまでもK君の事を思うんだ!!
だって!前は、『K君は叩くし、蹴るし優しくない大嫌い!!!』って言っていたのに
そんなK君を思う事ができるんだ!!!ビックリ!
私)『K君の事、嫌いじゃなかったっけ???』
娘)『今は変わったよ!優しいよ!』と、言った
そう、K君は変わったのだ、最初はもの凄い大暴れしていた
でも、今は違う
でも、大暴れしていた頃もK君は実話、優しかった小さい息子2才を助けてくれた事がある
私に対しても、もの凄く思いでに残る優しさがあった(私が初火起こしの時に!)
元々優し人だったk君
きっと何か大暴れしないとダメな理由がK君にはあったのかもしれない?無かったかもしれけど、、、??分かんないけど、、、
ピッコロに来て変わった、、、もしかすると本当のK君に戻れたのかもしれない
娘もピッコロに来て変わってきた
沢山の色々な気持ちを抱えてピッコロに来たから、、、
(離婚したし、、)
娘は不器用にとんがっていた、頭デッカチさんになっていた、口だけ人間になっていた
でも、私は母だから知っている娘の元々は違う
色々があって娘はそんなふうに自分を複雑にしないと自分を守れなくなっていた
ピッコロに通い始めて5ヶ月、少しずつ、少しずつ、、娘が変わり始めてきた
う〜〜〜ん・・・・??私には分からないけど、、、
ピッコロに通うと、なんか、子供が変化してくる
その子供の『本来』持っている物が伸びていっていると思う
速度はそれぞれだけど、
真っすぐ伸びていく、伸び伸び伸び伸び伸びていく!
その姿は本当に清々しい!!
大人も同じ、自分を守る為に作るバリケードみたいな物が増えてくると自分らしくいられなくて苦しい、自分らしくいられる事程、気楽で楽しい事はない、大人は色々、バリケードみないな物が無いと生きられないと思っていたりするけど、そんな物なくても生きていける事を知った、自分をよく知っていればそれで、全部、全部、大丈夫な気がする、ここの子供達を見ているとそんな気がする。
えっと〜〜で??何の話だったっけ???
あっ!ともだち!そう!いつの間にか、娘の大嫌いなK君を娘は『ともだち』として受け入れていたそのK君の事を家に帰ってきてまでも案じていた、、、と言う話。
by tonerikonoki | 2010-02-18 23:24 | 森のようちえん

森の幼稚園ピッコロ

〜どうしようもない、、私〜

今日はお手伝いお母さんの日。
息子2才と一緒に参加。
今日はパイナップル(年長)が居なくて小さい子だけの(4歳児以下クラス)活動で、
パイナップル(年長)には内緒で豆を煮てぜんざいを作る事になり
小さい子達(4歳児以下クラス)が、『火をつける!』『鍋持ってくる!』『水!!』『葉っぱ!』『木の皮!』って大忙しのなか、、、
私、、、ト・イ・レ♥に行きたくなって、、、
一瞬、我慢しようか??と思ったけれど(笑)
いかせて頂きました
スッキリ!!して(笑)ト・イ・レ♥から出てきたら
案の定、、、息子2才が泣いていて、しおみ先生に手を繋いでもらっていました
なんのこっちゃ!の『お手伝いお母さん』の日の始まりでした(恥)
又、いつもと同じく、、、お手伝いして貰ってしまって、、、(笑)
恐縮、恐縮〜〜〜♥

さぁ!スッキリ!したし!張り切って頑張りましょう〜〜!
なんて思っていたら、、、
やっぱり、する事なんてなくて、、、
だって、、子供達はよく動く、よく気が付く、ず〜〜〜っと立ち尽くす私でした
私に出来る事は??あっ!『応援!』と思い、『火』がつくように『がんばれ〜〜〜』なんて応援したり、、
内心、(本当に子供達様、ゴメンナサイ、、、)『火』つかないかも???
なんて思っていました、ついたとしても、時間はかかると思っていました
だけど、、、
な〜〜んと、4歳児さんの男の子の活躍で『火』が付いて豆を煮る事ができたのです!
私が最初『火』を付けた時より早く『火』が付いていた、、、(汗)
ちょっと、、ビ,ビ,ビ,ビックリ!!でした、、、
恐るべしピッコロ4歳児!!
そして私はもの凄い!美味しい!!お豆のぜんざいを頂きました♥
今日のお手伝いお母さんは
またしても、何時ものごとく『お手伝い』になっておらず(笑)
もの凄い!!!美味しい〜〜〜〜『ぜんざい』を子供達に、ご馳走して頂き♥
『火』をつけたカッコイイ〜〜〜男子と共に
幸せな一日を過ごさせて頂きました♥
あ〜〜〜幸せ♥
ここの子供達は、男子も女子も本当に清らかで、優しくて、強い
褒め過ぎではない、本当なのだ
ここの子供達と同じ時間過ごすだけで、もの凄いエネルギーと安らぎを頂く
これは本当の話しなのだ。
by tonerikonoki | 2010-02-18 22:40 | 森のようちえん

森の幼稚園ピッコロ

〜列!〜

今日はお手伝いお母さんの日。
山に登る前にいつも『ま〜〜るくな〜〜れ!』と言ってお友達と手を繋いで丸くなる
今日は久美子先生が『列にな〜〜れ!』と言った
子供達は何時もと違う???『列???』
でも、早かった!!
『列!?列だって!列だよ!列!!』ワァ〜〜〜と口々に言いながら
楽しそうに!
大きい子も小さい子も一列に並んだ
我が娘も一列に並んでいた
それが、また、、奇麗に一列!
(凄い!!!!)
先日の小学校の説明会では真っすぐ一列になれず
先生に腕をギュッと引っ張られ
まるで『物』のようにされながら『列』に入れられた娘
でも、ピッコロでは『一列』に並んでいた
頼まれもしないのにその『列』は奇麗に一列だった

別に列が奇麗に一列である必要はないけど
『子供達の力で奇麗に一列』だった事が凄いなぁと
思った
子供の力を信じてくれている場所では
子供は本当に持ってる力以上の力も出せる
『信じる』って凄い『力』を持っている
『疑って』しまえば、そう言えば全部、崩れて行く
全部終わって行く、、例えば、友達でも、恋人でも、夫婦でも
『信頼』が全てなんだな、、大体、、人間って、、。
by tonerikonoki | 2010-02-16 23:38 | 森のようちえん

森の幼稚園ピッコロ

〜幸せな時間〜

お迎え時に久美子先生が
『今日、私の黒い手袋に、降った雪が付きそれを、Hちゃんと、マッピーがずっと見ていて
奇麗〜〜〜結晶と言ってず〜〜〜と見てるの、又、降ってきて、今度は二つ重なっていたりして
わ〜〜〜キレ〜〜〜イ!!と
ず〜〜〜と見ているの、凄く奇麗なの!!私の黒い手袋に降る雪の結晶をずっと見てる二人と一緒に私も凄く、凄く、幸せだったの!!!スッゴク!幸せな時間だったの!!』
と、大切に大切そうに話ししてくれた
こんなにも!子供との時間を大切に愛おしく思ってくれる
嬉しい
なんでも無い事なのかもしれない
こうゆう、なんでも無い事を大切に思って下さる
先生と毎日を過ごせる子供達って幸せだと
心底思う
だって、生活って何でも無い事が毎日繰り返される
何でもない事を何でもなく通り過ぎたら
本当になんでも無くなってしまう
何でも無い事に立ち止まり
ドキドキする事で毎日は変わっていく
そんな中で育った子供はキラキラしてくる
だけど、、、
毎日の繰り返しだからと
何でも無い事を粗末に感じ
粗末に行動していたら
子供はきっとその積み重ねの中で
知らず、、知らず、、、心を閉じていくんじゃないのかな〜〜?
と、ふと思う、、、
私が言いたい事は、甘やかすとか、過保護とかそうゆうのでは無い!!
子供はやっぱり大切にしたい
大切な大切な『人』だから
大切に大切にして欲しい
大切な『人』だから。
by tonerikonoki | 2010-02-13 00:49 | 森のようちえん

小学校の説明会

今日は小学校の説明会
校長先生の話しも教頭先生の話も凄くいいな〜と思った
子供を大切に大切に思って下さっている事が
凄く伝わってきた
嬉しかった
なかなか良い小学校でワクワクしてきた
だけど、、、
受け付けで子供が名前を聞かれる時
既に、、一列に大人の誘導で並ばされていて
家の娘はその状況に何?何?って感じでまだ対応しきれてない
そんな娘の腕をギュッと掴み引っ張り
一列の中に入れられ
名前も知らない先生に
『あなたのお名前はなんですか?』
と、無表情で聞かれた娘
ぎゅっと引っ張られオットトとなりながらも、、
ちゃんと答えていましたが、、、
大切に育てている私の大切な子供を
『物』を扱うようにしないで欲しかった
ぎゅっと腕を掴み引っ張って一列に並ばせなくても
ちゃんと、口で言えば並べる
状況を把握できれば言わなくても並べる、、と、思う、、多分、、
普段のピッコロ生活ではあり得ない事だったから
ちょっと衝撃だった
先生も時間に追われていたんだと思う
悪意は無いと思う
娘も、そんな事を私のように気にも止めてない様子
だけど
私の大切な子供です。
そんな私とは裏腹に娘は小学校生活に胸を膨らませている
物品購入で買ったピアニカがもの凄く気に入り
娘)『今日はピアニカと寝る』と言っている
ランドセルを買って貰った時には
しばらく、ランドセルと寝ていた(笑)
私は考え過ぎ子ちゃんなの??
だけど、、、ホントちょっとドキッとした
ピッコロでの『ドキッ』とは正反対の『ドキッ』だった
どうなるかな〜?小学校??
子供達は皆、期待に胸を膨らませている
期待通りの小学校でありますように・・・。
by tonerikonoki | 2010-02-13 00:15